2017年09月19日

公図と現況が相違過ぎ

現地の道は真っ直ぐですが・・・

公図の道は、直線で描かれていないです。

ちょうど、公図の分かれ目に当たるので
繋ぎ合わせてみると折れが有ることがわかります。

現況測量はこれからですが、写真上に公図を
当てはめて見ると、滅茶苦茶な状況がクローズ
アップされてきました。

明治時代に公図が作成され、人の使い勝手が良いように
変化しているかと推測できますが、昭和46年頃に分筆登記がされ
た場所もあるので注意が必要です、この図面を見ると現況で分筆登記
がされているのが確認できます。

公図を無視して分筆登記を行って良いか、地図訂正には馴染まなそうだし
公図を優先すると、大事になるので・・・

地図混乱地域の様子も感じられますが、どこで妥協して良いか・・・

かなり迷う案件のようです^^

posted by かめ at 16:06| 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

境界確認に応じないのですが、何が原因でしょうか

依頼者から話を早く着けてくれと言われても・・・

相手が応じない状況です。

相手の方に話をしに行きましたが、かなり根が深そうです。
今までの様々な要因を含んでいるので、話が出来そうも
無いですし、立会いを行ったとしても不成立になる事が
予想されます。

結局、時間をかけるか、相手の望む導きをしないと
進みそうもないです。

暫くは、様子を見守るしかなさそうです。
posted by かめ at 16:20| 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

土地家屋調査士 依頼費用

概略金額は、なんとなく解るのですが・・・

現場によって、様々なケースがあるので
一概に費用がこれだと言えないです。

四角の土地と、隣接地の境界が20点も有る
土地とでは、同じ金額は無理です。
また、隣接地が10筆土地と、4筆の土地のケース
も大夫違いが生じます。

このような状況もあるので、電話で問い合わせが
あっても、実際見て調査しないと解らないと返答することが
多いです。

お客さんには、焦れったいことだと思いますが
いざ、仕事をしたらかなり上乗せになったと
思われるのがイヤなので、慎重にしています。
posted by かめ at 17:03| 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土地家屋調査士の日記の先頭へ

通院が必要な脱毛